アンは認知症を持つ女性ですが、ダンスが大好きです。アンの老人ホームでは、アクティビティと楽しさを提供するちょっとした日々の治療としてinmuDANCEを利用しています。

inmuDANCE はあなたの身体を自然と動かします

inmuDANCEは、イン​​タラクティブで楽しい、リズミカルな音楽で動きを誘います。先天性または後天性に関わらず、脳損傷は、しばしば認知障害を引き起こします。失われたものをリハビリにより回復できるかは、脳へと通じる「道」を見つけられるかによります。学ぶことは、脳を通して知性で理解することだけでなく、身体を通しても行われるのです。 手触りにこだわって作られたinmuDANCEは、持ち運びも簡単な、とてもユニークな治療ツールです。あなたの想像力が許す限り、それが必要とされる場所ならばどこでも、有益となるすべての状況において使用することができるでしょう。 inmuDANCEの鮮やかな色とカバーに備わったさまざまな構造が、あなたの五感に訴えかけます。私たち人間にとって感覚はきわめて大切です。その中でも最も重要な感覚は、触覚と運動感覚です。inmuDANCEの振動と触覚要素は、自分自身に意識を集中させるのを助け、音楽とリズムが動きを刺激します。このようにして、自身を周りを取り囲む世界を把握し、身体的および精神的な境界を感知するために、inmuDANCEはあなたを優しく呼び覚まします。

コンタクトツール

inmuDANCEは、不快感や痛みから気をそらす手助けをします。また、介護の場面において自発性を刺激することができます。inmuが感覚を優しく刺激している間、困難なことをより簡単に、楽しく行うことができます。音楽に耳を傾け、振動を感じましょう。inmuを手に持ち、片方の手または腕をゴムバンドの下に入れ、リズムに身を委ねましょう。
アクティビティを担当する従業員はinmuDANCEを気に入り、気持ちを高ぶらせるためのツールとしてアクティビティ内で使用しています。これを使用することで大きな効果が得られるのです。アクティビティにおいて何人かの移住者は、より感受性が高まり活発に取り組むようになりました。単一のチームは、今後inmuDANCEの使用を計画する責任を負います。インミュは神経科学分野にて使用されているため、さまざまな状況における適合性と意義について専門的な対話を行うことが重要となります。
後天性脳損傷患者専門施設マネージャー

遊びと学びのためのinmuDANCE

inmuDANCEに触れた子どもたちは動き回ります。直感的にインミュを投げて転がし、ゴムバンドの下に手や足を入れ、"音を創ります"。そしてもちろん、一緒に踊り始めます。使い方を教える必要はありません。タンバリンのように自分自身でリズムを作り出せるのです。